⑤算数がカギ


中学受験において大事なのは、算数です。

他科目と比べ、合格者と不合格者の点数差が大きくなりやすく、合否を左右する最大の要因です。

当塾では算数に多くの時間をかけており、年間授業数も算数は国語よりも10%多く、

宿題や自習室での取り組みも算数を優先させています。

 

誤解があってはいけないのですが、私は国語が主担当ですので、国語をないがしろにしているわけではありません。

ただ、「国語ができれば他科目ができる」というのは少々乱暴かなと思います。

算理社担当の先生にも失礼な話ですし、国語が出来なければ受験は事実上不可能になってしまいます。

また、算数は御三家レベルあるが、国語は・・・といった生徒も何人もいますし、国語はできるけど、算数が・・・ということもあります。

他科目に国語力が必要ないとはいいませんが、他科目に求められているのは国語力ではなく、日本語力だと思っています。

この2つは似て非なるものです。

大事なのは国語力ではなく、日本語力です。脱線しそうなので、この話は別の機会にさせていただきます。

 

とにかく算数を重視している当塾では、講習のオプション講座も算数だらけ。夏期合宿も3泊4日朝から晩までずっと算数。

6年生の日曜特訓もずっと算数。通常授業も算数をとにかく優先させます。

 

ただ、そういうと「なんとか形を暗記しよう・・・!」としてしまいがちなのですが、

当塾では考えさせることを重視しているので、「あまり教えない」「過度にヒントを与えない」ということを心がけています。

質問に来ても最後まで教えません。また、まっさらな状態で質問に来ても答えません。

「今自分はどこがわかっていないのか」ということを自覚してもらうために、とにかく考えさせるようにしています。

(ここで挫けてはいけません。わからないまま、なあなあにしてしまうことが一番危険なのです。)

そしてヒントをもらって解いたものは、必ずもう一度自力で解きなおす。これを徹底しています。

時間のかかるやり方ではありますが、算数に王道なし。魔法のように出来る裏ワザはありません。

 

算数から逃げない!合格のために最も大事なことです。

 


banner2
PAGETOP